ご予約はこちら
【 お支払いについて 】
お支払いは、現金のほかデビットカードまたはVISA・MASTER2種類のカードのみご利用いただけます。
【 キャンセル料について 】
7〜4日前30%、3〜2日前50%、1日前70%、0日前100%、連絡なしの不泊100%

チェックイン 15:00〜18:00 / チェックアウト10:00 客室 / 客室全8室
風呂 / 露天風呂付き大浴場2ケ所、貸切風呂1ケ所
その他 / ロビー、食事処、焼酎バー、売店コーナー、駐車場
※エレベーターはございません。

四万温泉の飲食店を活性化!!日にち限定一泊朝食プラン

  • 2018.10.29

四万温泉の飲食店を活性化!!日にち限定一泊朝食プラン

四万温泉には、昔懐かしい昭和レトロな飲食店が残っています。いずれのメニューも味には自信あり!! 旅のご夕食として「四万温泉ならではの店の味」を楽しんでいただきたく、日にち限定にて一泊朝食付のリーズナブルなプランをご用意いたしました。

一昔前の四万温泉には沢山の飲食店が立ち並びましたが、後継者の不在や時代の流れで半分以下の数となってしまいました。群馬県の高崎市では後継者のいない店の料理を「絶メシ」としてアピールし、地元に愛され続けた店の味を絶やさない取り組みをしています。「時わすれの宿 佳元」」も四万温泉版「絶メシ」として、地元に愛され続けた名物料理と名物主人たちを応援しております。地元が誇る名物料理・名物主人達にぜひ会いに来てください!!

サービス&利用案内

①「佳元」の徒歩圏内には、二軒の飲食店「カフェテラス摩耶」と温泉グランピングシマブルー内の「シマブルーカフェ」がございます。徒歩で約9分となる温泉街の飲食店には、当館より行き帰りを送迎いたします(最終の送迎は23時となります)。

② 通常お断りする飲食のお持ち込みは、本プランのみフリーとさせていただきます。

③ 最終チェックインは23時となります。お夕食を済ませてから来ていただいてもOKです。
  東京でお仕事を終えてからでも十分お越しいただけます。

④ チェックアウトは11時となります。

⑤ 当館でのご夕食をご希望のお客様は、女将の故郷「奄美大島」名物「鶏飯(けいはん)」を+1500円にてご用意いたします。 ご希望の場合は事前にお申し付けください。

⑥ 炊きたて土鍋ご飯が自慢の「旅立ちの朝食」を個室食事処にご用意いたします。

飲食店リスト

カフェテラス摩耶

当館より徒歩なんと30秒、40年以上続く洋食屋さんはスタッフ「濱田」の行きつけです。
おすすめメニュー/ビーフシチュー、ピッツァ、ハンバーグステーキ
営業時間 : 22時まで 定休日 : 月曜日
ウェブサイト/http://www.wind.ne.jp/kazuo_m/maya.htm

長年にわたり常連客を作ってきた老舗洋食店の名物メニューは「ビーフシチュー」。4日間かけて煮込んでコクを出したデミグラスソースの中には、大きくて柔らかな牛肉と野菜がゴロゴロ。同じく自慢のデミグラスソースとの相性抜群のハンバーグも絶品。モチモチとした生地が美味しい「ミックスピザ」にも多数のファンがいます。料理と合わせてマスターが勧めてくれるワインも楽しめます。

シマブルー

当館より徒歩3分。2017年オープンのカフェ・レストランはスタッフ「渡辺」の行きつけです。
おすすめメニュー/上州牛ステーキ丼、上州牛ローストビーフ丼、各種デザート
営業時間 : 20時まで 定休日 : 不定休
ウェブサイト/https://shimablue.jp/

2017年に誕生した日本唯一の温泉グランピング施設「シマブルー」内のダイニングレストランが「シマブルーカフェ」です。通常のレストランとしても営業しており、地元のブランド肉「上州牛」を使ったサーロインステーキやローストビーフ丼がオススメです。他にもパスタやトースト、パフェにスムージーなどのメニューも人気。アルコールも四万の地ビール「四万温泉エール」をはじめ、ワインに地酒などが揃います。
17時以降は事前の予約が必要となります。電話0279-64-2155

あすなろ

当館より車で5分、地元民御用達のトンカツ屋は宿主行きつけのお店。酒の肴も充実しています。
おすすめメニュー/とんかつ定食、カレーラーメン、あすなろ風ソテー
営業時間 : 23時まで 定休日 : 水曜日
ウェブサイト/http://shimaonsen.com/store/asunaro

定番となる「とんかつ定食」は、通常よりサイズも厚みもボリュームあり。ザクザクと香ばしい衣に包まれたロース肉は柔らかく、噛み締めると肉の旨味が口の中にじわっと広がります。こんもりとしたご飯の盛りも含め食べ応え十分ですが、気がついたら平らげていたというトンカツの醍醐味を楽しんでいただけます。カレーとラーメンのソリッドな合体が魅力の「カレーラーメン」や、肉本来の旨味を堪能できる「あすなろ風ソテー」などメニューは他にも充実。新鮮野菜をたっぷり盛り付けた「サラダ」や、イカを一杯丸ごとタレで焼き上げた「イカ焼き」は、数人でシェアする酒の肴としてもピッタリ。23時まで営業していますので、夕食のみならず居酒屋としても利用いただけます。

ゆうみん

当館より車で5分、注文を受けてから皮を伸ばし始める「手作り餃子」が看板メニュー。オヤジが一人で切り盛りしております。
おすすめメニュー/餃子、タンメン、野菜焼そば
営業時間 : オヤジの気分 定休日 : オヤジの気分
ウェブサイト/http://shimaonsen.com/store/yuumin

昔懐かしい雰囲気の店内には、温泉街の中華料理店ならではの風情が漂います。店主自慢の「餃子」は自家製の皮がモチモチ、あっさりした餡との相性が抜群です。パリッとした焼き目も香ばしく、にんにく臭さがないのでいくらでも入ってしまいそう。他にも特製の手もみ麺を使った「塩味タンメン」をはじめとする麺類に、具沢山の「野菜焼きそば」に「かた焼きそば」などのメニューが並びます。一見頑固そうな親父さんは、声をかけると優しい笑顔で応えてくれます。一風変わった店名は、店主が若い頃に酒席を共にした香港の女優さんにちなんだものだそうですよ。

小松屋

当館より車で5分、慶応元年創業で150年以上の歴史を誇る老舗蕎麦屋さんです。地元産の蕎麦を使用した蕎麦会席がオススメです。
おすすめメニュー/蕎麦会席、舞茸天ぷらそば、上州豚汁せいろ
営業時間 : 夕食は水曜日限定18時~21時
ウェブサイト/http://soba-komatsuya.com/index.html
小松屋さんの夕食で特にオススメなのが「蕎麦会席」。充実の献立をご紹介いたします。

左上|花豆の煮豆、胡麻豆腐、焼味噌が酒に合う先付け
右上|香ばしく揚げた蕎麦をトッピングした「蕎麦サラダ」
左下|甘くて食べ応えのある「玉子焼き」
右下|身と脂の旨味が噛むごとに広がる「鴨焼き」

左上|衣がサクサクと軽い歯ごたえの「天ぷら」
右上|自家製味噌で食べる素朴な豆腐の「木の芽田楽」
左下|マグロとキュウリを海苔巻きにした「蕎麦寿司」
右下|タレにつけて食べる熱々の「そばがき」

左上|スープとの相性が抜群の「蕎麦の実リゾット」
右上|地元産そばを殻が付いたまま製粉する「手挽き石臼蕎麦」
左下|きな粉と黒蜜がたっぷりかかったプルプルの「葛餅」


どれもが美味しい全11品で、お値段3,500円というのは驚きと言えます。「蕎麦会席」は、事前の予約が必要となります。電話0279-64-2609

一力寿司

当館より車で5分、昭和37年創業の地元の味。当宿女将も絶賛のリーズナブルなお寿司屋さんです。
おすすめメニュー/特上寿司、特上ちらし
営業時間 : 23時まで 定休日 : 水曜日
ウェブサイト/http://shimaonsen.com/store/ichirikisushi